[PR] ブライダル 大魔女ビバリー様のお部屋 私達の3.11 忍者ブログ
Admin*Write*Comment
大魔女ビバリー様のお部屋
[595]  [594]  [590]  [589]  [588]  [587]  [586]  [585]  [584]  [583]  [582
2011年のあの日、私達はピノッキオの公演期中。 翌日の長野公演に向う途中だった。 こんにゃく座はこちらの事情で公演をとりやめた事はない。 とにかく長野に辿り着かなければ・・・と考えていた。 私は東京駅で足止めでちゃっかり大きなホテルのロビーで眠らせてらったが、翌日公演の中止が決まり帰宅してニュースをみて愕然とした。 まさかの状況だ。 気仙沼のあの駅、大船渡のあのホテル、そして福島の海沿いの地域。 みんなお世話になった所だ・・・。 今年のこの日の14時46分、北区のピノッキオ公演の開場中。 みんなでお茶場に集まって黙祷した。 ロビーから元気な子供達の笑い声が聴こえる。 私達はずっとこの笑い声の為に歌わなければならない。 たくましく! と、言う事で?子供劇場恒例の小屋食。ピノッキオのポテトサラダ。 ピアニスト真理子さんと。 ウインナーの鯨をパクリ。 ジェペットじいさんもパクリ。 農夫もパクリ。(自分は女神だと思っている人) ピノッキオもパクリ。後ろからにらんでるのは今回マネージャーで来てくれている猫の国のお客様。 本番中、ジェペットじいさんがピノッキオと再会して自分が船で遭難した事を語るシーンで、勝手に色々思い浮かべてしまった。 ピノッキオくんの 「こうして会えたんじゃないか!一緒に海に飛び出して逃げよう!」 という言葉がいつもより心にしみた。 そして最後は、4人の役者みんなでピンピン海を泳ぎ続ける。 秀逸な演出だ。 来週は中野ゼロホール。そして福島の猪苗代。 ピンピンピン足あげてピン、のんのん呑気に行こう。 きっきっきっきっきまぐれさ、おっと危ない気をつけろ。 ピンピンピンピン、ノンノンノン、キッキッキッ、オっと。 ピ・ノ・キ・オ! いい詩だなあ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • ABOUT
オペラシアターこんにゃく座 岡原真弓の魂
Copyright © 大魔女ビバリー様のお部屋 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
*Template by Kaie
Graphic by pH
忍者ブログ [PR]